WDW連載:「Avatar Flight of Passage」に待ち時間ゼロで乗る方法

<↑写真:「Avatar Flight of Passage」アトラクション内にあるワンシーン>

※この連載は、アメリカのフロリダ州オーランドにあるディズニーワールド(Walt Disney World、通称WDW)に関するものです。

さて、先日ご紹介したようにWalt Disney World(WDW)で今一番人気があるアトラクションといえば、「アバター:Avatar Flight of Passage」。これを長蛇の列を避けて乗るにはどうすればいいでしょうか。

作戦その1:Fast Pass+を使う!

WDWに行く方はご存じかと思いますが、WDWにはFast Pass+という事前予約制度があります。東京ディズニーランドにも似たシステムがありますが、WDWでは発券式ではなく事前にアプリかWebで予約するというものです。(Fast Pass+の詳細はまた別記事で掲載予定です)
このFast Pass+というシステム、事前に無料で1日3個のアトラクションまで予約できますが、この「Avatar Flight of Passage」のような人気アトラクションは、その事前予約もほとんど埋まっており、正直なかなか難しいです。実際私も最初の頃は全く予約できませんでしたが、毎日毎日、何度も何度もアプリをチェックして、なんとか入手することができました。
コツとしては、あきらめずに当日まで毎日何度もチェックすることです。意外と直前になるにつれてポロッと空きが出ることがあるんです!

作戦その2:開園前から並んで乗る!

Fast Pass+をなかなか取れなくても大丈夫です。日中になると長蛇の列に並ぶしかありませんが、開園直後が狙い目です。
(私たちは比較的長い期間WDWに滞在したので、何回かはFast Pass+でこの「Avatar Flight of Passage」に乗ることができましたが、それ以外にも何度かは頑張って並んで乗ってます。)

私たちがWDWに行っていた9月初旬で、Avatar Flight of Passageの待ち時間は日中で1.5時間~3時間位でした。アメリカは8月下旬に学校が始まるので、9月初旬は一番人が少ない時期と言われていますが、それでもこの待ち時間です。夏休み時期(7・8月)ならもっと混んでいるでしょう。

人気のあるアトラクションは並ぶしかない!!と覚悟を決めてる方も多くいらっしゃるかと思いますが、1日の大切な時間を有効に使えたらいいですよね。そういう方に少しでも参考になればと思い、Animal Kingdomで開園前に並んでAvatar Flight of Passageに乗った経験をブログに書きたいと思います。ただ滞在時期によって混雑具合の違いがあると思いますので、参考までに読んで頂ければと思います。

滞在ホテル:Disney’s All-Star Resort
滞在時期:9月の初旬
その日のバスの始発:7:00am
Animal Kingdom の開園時間:その日は9:00am(Extra Hourの日は8:00am)

ホテルのバス停から、Animal Kingdom行きの7:00amの始発のバスに乗り、Animal Kingdomのバス停には7:20amくらいに到着しました(始発バスについては別記事で掲載しています)。バス停から入場口まで少し距離があるので、私はかなりの早歩きで入場口に向かいました。その時刻だとまだ人が少ないので手前のセキュリティーチェックはスムーズでしたが、入場口には既に人影が。私は前から7、8番目に並ぶことができました(※1、後述参照)。
8:00amを過ぎる頃には入場口は凄い行列になっていました。そして開園時刻よりも早い8:30amに入場口が開きました。並んでいるほとんどの人達がアバターのあるPandoraエリアに向かうため、スタッフの人が「走らないで!!」と声をかけ続けるのですが、入場者の中にはダッシュして向かう人も多々いました。私は頑張って早歩きをしましたが結構抜かされてしまいました。
ようやくPandoraエリアの入口部分に到着した時には前から3、4列目にいたと思います。ただし、ここですぐに乗れるわけではありません。まだ開園時刻前ということもあり、このPandoraエリアの入口部分でまた待機をさせられます。(ここには橋が架かっており、その橋のところでPandoraエリアに行きたい全ての人が10分くらい待機させられました。)
8:40am頃に、「Avatar Flight of Passage」か「Na’vi River Journey」の乗りたい方に分かれて向かいます。集団の先頭にはパークのスタッフがいて、客が走って怪我したり混乱しないように誘導しますので、皆はその後に続いてゆっくり歩いてアトラクションに向かいます。それでも、アトラクションに向かう間もみんなが我先に行こうと色々な方向から押してくるので、遠慮して歩いているとかえって危ないです。出来るだけ抜かされないように歩きましょう。
そうこうしているうちに「Avatar Flight of Passage」のアトラクションの通路に入ります。ここまで来ればもう抜かされずに歩くことができ、まずは一安心です。アトラクションの通路は相当の長さがありますが、この時間帯では渋滞することなくひたすら歩くだけで、無事待ち時間ゼロでアトラクションに乗ることができました。

(※1)これは意外と大事なポイントです
Animal Kingdomの入場口の列について私が気づいたことを書いておきます。入場口にはおそらく10個以上のゲートが並んでいますが、開園前に行くと、最初は2、3個のゲートに少ない列で並ばさせられます。その後、列が長くなってくると列を分岐します。この分岐するタイミングがとても重要です。列を分岐して増やすとき、ディズニーのスタッフは、前から並んでる人から順に分岐させるという配慮はしません。そのため、「こっちに並んで」とスタッフが指示したらそれに気づいた人から我先にと新しい列に並んでしまいます。新しい列の先頭に並べればラッキーですので、最初に並ぶ列は、隣に列が無い方を選んだ方がいいと思います。そうすれば横に新しい列ができた時にすぐに移れ、かなり前に並ぶことが可能なのです。私が行った日も最初は3列でしたが、混んでくると4、5、6列と列を増やしていました。私はたまたま横に新しい列ができたことによって、最初に並んだ列よりも前に並ぶことができました。

「Na’vi River Journey」にもすぐ乗れるかも!!

開園前に並んでる殆どの人達が「Avatar Flight of Passage」に乗りに行きます。そのため開園前に並んで「Avatar Flight of Passage」に乗った後すぐに「Na’vi River Journey」に乗りに行くと意外に空いてるのです。私も「Avatar Flight of Passage」に乗った後、すぐに「Na’vi River Journey」に乗りに行ったら。そちらも待ち時間なしに乗ることができました。しかしその「Na’vi River Journey」を出た後に再度入り口を見たら、なんとその「Na’vi River Journey」も長蛇の列になっていたので、少しの時間差で行列になってしまうようです。「Avatar Flight of Passage」と「Na’vi River Journey」の両方を絶対乗りたいという方はぜひ試してみてください。

長蛇の列に並ぶといいこともあるかも!?

私は3つの方法で「Avatar Flight of Passage」に乗ってみました。
1つ目はFast Pass+で乗る。
2つ目は開園前に並んで待ち時間なしに乗る。
3つ目は普通に長蛇の列に並んで乗る。
実は、1、2つ目と、3つ目では歩く通路が違います。アトラクション内は大勢の待ち人数を吸収できるようにグネグネとひたすら長い通路が配置されていますが、待ち人数が少ないときはその長い通路を所々ショートカットさせるため、列が短い時には通らない通路(エリア)があります。そのため、長蛇の列に並んだときだけしか見られない場所もあって、そこには映画で見たAvatarの有名なワンシーンがあります。実は、それが冒頭の写真なんです。でも写真よりも実物が素晴らしいですので、ぜひその姿も見ていただきたいですね。

あわせて読みたい記事!

この記事の著者

編集部 部長 Ms. Bell
アメリカ生活初心者です。好奇心旺盛の私の目線でアメリカの色々な物、人、生活、仕事などをお知らせしていきたいと思っています!初心者の目線で色々とアップしますので、ぜひ読んでくださいね!

関連記事

  1. アメリカ観光の盲点(1):アメリカ政府機関閉鎖って?

  2. プリペイドSIMが繋がらない!?

  3. New Yorkにて購入した2枚のTシャツの紹介

  4. Bellのつぶやき

  5. WDW連載:バスの始発は何時??(Disney Transportation)

  6. ロデオドライブ観光(ロサンゼルス):知っておいてもいい話

  7. WDW連載:ある意味貴重な経験、ハリケーン中のディズニーワールド(前編)

  8. アメリカ観光の盲点(3):政府閉鎖が止まらない !?

  9. ワシントンDC CHERRY BLOSSOMのTシャツ

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 日米おもしろ比較論(1) : ポテトチップス
  2. アメリカ観光の盲点(3):政府閉鎖が止まらない !?
  3. アメリカ観光の盲点(2):観光施設が閉鎖する時期って?
  4. アメリカ観光の盲点(1):アメリカ政府機関閉鎖って?
  5. WDW連載:ある意味貴重な経験、ハリケーン中のディズニーワールド(前編)

連載記事

人気記事

カレンダー

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP