ニューヨークJFK空港の周辺ホテルからマンハッタンへの移動

<写真上:ある晴れた日のセントラルパーク>

ニューヨークにはいくつか空港がありますが、今回はそのうちの一つであるJFK空港の周辺ホテルに泊まったときのお話。このときは直前まで別都市にいて日本帰国時の飛行機がJFK空港発で予約していたため、数日間だけNYに滞在しました。

NY観光がメインであればマンハッタン内に宿泊した方がもちろん便利ですが、スーツケース抱えてマンハッタンと空港間を移動するには、もっぱらタクシーかシャトルバスになります。タクシーだと往復チップ込で120-140ドルぐらいはかかってしまうし、シャトルバスも一人片道20ドルぐらいなので、例えば二人だと往復80ドルほどかかってしまいます。電車でもアクセスできなくはないですが、結構満員な事も多いので、大きいスーツケースを抱えて乗るのは時間帯によっては困難かもしれません。

それにNYから日本に帰る際はフライトが14時間ぐらいあるので、出発当日は少しでもゆっくり準備したい、となると空港周辺ホテルが便利です。(ただし、観光メインでNYを訪れるならやっぱりマンハッタン内がおすすめです。マンハッタン内でのオススメホテルはまた別記事で掲載予定です)

スーツケースが無いなら...

とはいえ、せっかくNYに数日滞在するならマンハッタンで観光したいですよね。スーツケースをホテルに置いた後なら、マンハッタンへアクセスするのはそれほど苦労しません。JFK空港とマンハッタン間の移動を安く済ませるには電車かバスとなりますが、治安等の不安を考えるとバス停でウロウロするよりは電車の方がオススメです。

JFK空港からマンハッタンの中心へ電車で行くには、乗り換えが必要です。マンハッタン内での足となるNY地下鉄(MTA)はJFK空港には直接乗り入れていないため、空港最寄りのNY地下鉄の駅とJFK空港間は「JFK AirTrain」という電車を使います。この「JFK AirTrain」は空港内だけをぐるぐる回る黄ラインと、NY地下鉄のJamaica Stationに行く赤ラインと、NY地下鉄のHoward Beach Stationに行く緑ラインがあります。

私たちが宿泊したホテルが最寄りのNY地下鉄駅まで送迎してくれればいいのですが、ホテルの送迎はあくまで空港までとなっていました。ということで、マンハッタンの中心地にいくには、

(1)宿泊ホテル

↓ホテルの無料送迎バス

(2)空港内にあるJFK AirTrainのFederal Circle Stationのバス乗り場で下車

↓JFK AirTrain(緑ライン)

(3)Howard Beach Stationで下車
 そのまま同じ駅でホーム移動、NY地下鉄のAラインに乗る

↓NY地下鉄(Aライン)

(4)例えば59st駅で下車すれば、そこはセントラルパーク。

という感じです。乗り継ぎに依りますが片道1時間ぐらいです。

切符について

NYに数日以上滞在するなら、NY地下鉄の一週間乗り放題(7-Day Unlimited)パスを買うのがお得かなと思っています(32ドル、2017年現在)。でもこのパスはNY地下鉄だけなので、「JFK AirTrain」は別に購入する必要があります。この「JFK AirTrain」は1回5ドルもかかるのですが、何回か乗るなら10回券(25ドル。Ride-based MetroCards)を買うと1回あたり半額の2.5ドルで乗ることができます。

意外と知らない切符の使い方

これらの切符は磁気カード方式です。駅の改札で磁気カードを通して使うのですが、ここでふと疑問が湧きます。

疑問1:
「例えば7-Dayパスを1枚買って、二人で使ったら安く済むんじゃない!?」

答えはNOです。私がMTAのホームページを読む限り、1枚のカードを複数人で使ってはいけないとは書かれていないようなのですが、”改札でカードを通すと、その後18分間は使えない”と書かれています。つまり、一人が改札を通ってから、二人目にそのカードを手渡しても、二人目の人はそこで18分間待たないと改札が反応せず通過できないのです。18分間待てば可能ですが現実的ではありませんよね。

疑問2:
「JFK AirTarinは二人あわせて10回までしか乗らないから、10回券を1枚買って二人で使えば安く済むんじゃない!?」

この答えはYESです。ホームページで細かくルールを読んでみると、このJFK AirTrainの回数券カードは、4回改札を通すごとに18分間のインターバルがある。と書かれています。ということは、4人グループまでなら、改札をくぐる度に次の人にカードを手渡せば、1枚のカードで同じタイミングで改札をくぐることができます(もちろん4人使えば残回数は4回分減ります)。この回数券カードについても複数人で同じカードを使ってはいけない、とはどこにも書かれておらず、実際に職員に止められることもありません。

ちなみにNY地下鉄は改札の入口で切符(磁気カード)を通しますが、出口では手押しのゲートがあるだけで切符は必要ありません。JFK AirTrainは駅によって改札の入口で磁気カードを通す場合と、出口で通す場合がありますが、どちらか一方だけです。

コストパフォーマンスは条件次第

例えば、二人で2日間、空港周辺ホテルに宿泊して電車で毎日マンハッタンへ行き来する場合、JFK AirTrainのコストは10回券(25ドル)が1枚で可能ということになります。NY地下鉄のパスはマンハッタン内に宿泊したとしても買うでしょうからここでは比較に入れません。そうなると、マンハッタン内のホテルに宿泊して空港移動でタクシー代を使うよりも、はるかに安く上がります。それに、空港周辺ホテルはマンハッタンに比べて値段もリーズナブルなので、同じ値段でもいいホテルに泊まれるメリットがあります。
でも、人数が多かったり、日数が多くなるとAirTrainの切符代の方がタクシー代よりも高くなるので、よくよく比較してみてください。

ホテルの無料送迎バスの待ち時間に注意

多くの場合、空港周辺ホテルと空港の間はホテルが無料送迎バスを運行しています。そして無料送迎バスは、飛行機の発着日はもちろん、発着日以外でも使えることがほとんどです。
でも、空港送迎バスの運行頻度はホテルのグレードに大きく依存する傾向があります。NYに限った話ではないですが、アメリカのいくつかの都市での私の印象としては、HiltonやSheraton、Marriott系列のホテルだとわりとバスの運行本数が多く、次いでHolidayInnとかも多かった感じがします。
その他でも価格が高いホテルだとバスがこまめに運行していますが、安いホテルになればなるほど運行本数が少なく、待ち時間が多くなる傾向にあります。
「ホテルの値段が安く無料送迎もある!」といって飛びつくと結果的に大事な時間を削られてしまうこともありますので、ホテル選びでは価格とのバランスも大切です。

このとき泊まったホテル

このときは、JFK空港近くのSheraton JFK Airport Hotelに泊まりました。レストランはこじんまりしたのが一つ、売店はフロント横に小さく棚がある程度、周りにはお店も全く無いので、食事はマンハッタンに出たときに済ませてから帰ってくる方がいいかもしれません。設備的には日本のビジネスホテルに近い感じですが、部屋の中はビジネスホテルよりもグレードが高く落ち着いた雰囲気で、室内もゆったりしており使いやすかったです。
なお、Wifiが有料といういまどきではちょっと珍しい感じなので、ホテルのWifiが必須という方は注意が必要です。

これはこのJFKのSheratonだけに限った注意点ですが、JFK空港からホテルに行くには、空港からJFK AirTrainに乗ってFederal Circle駅まで行き、その駅のバス乗り場でホテルの送迎バスを拾うことになります。ただし迎えに来る送迎バスはSheratonではなく「HHONORS Hilton Worldwide」と書かれたHilton系列のバスです。実はこのSheratonの隣にHilton Garden Innホテルがあり、バスは共同運行のようです。なのでSheratonと書かれたバスを待っていても一向に現れませんのでご注意下さいね。

無料送迎バスは必ず電話しましょう

無料送迎のあるホテルの場合、ホテルの説明書きに「無料送迎バスを30分おきに運行しています」とか書かれていることがあります。一方、(このSheratonではありませんが)よくホテルの口コミで「待っても全然バスが来なかった」「電話しなければいけないなんて言われてなかった」というコメントを見かけることがあります。
私の経験上、空港で送迎バスに乗る場合は、事前にその旨の説明が無くても”ホテルに電話して呼ぶ”というのが一般的だと思います。「30分間隔で運行」と書かれていても30分待っていれば必ずバスが来るわけではないと思った方がいいでしょう。空港に着いたら必ずホテルに電話して、「空港まで無料送迎バスで迎えに来て」と電話するようにしましょう。そうしないと、たまたま送迎バスを利用する他のホテル宿泊者がいないときは、全然バスが来ないことがあります。

この記事の著者

編集部 チーフライター Mr. Richie
人生とは面白いもので、齢(よわい)40をすぎて突然アメリカで生活することになりました。海外初心者の私ですが、本ブログ唯一の男性ライターとして、ちょっとウンチクになるようなものも紹介したいと思ってます。

関連記事

  1. ラスベガスのコインランドリー

  2. The WALNUT Room in Chicago

  3. 自由の女神のフェリー乗り場は分かりづらい!?

  4. WDW連載:アウトレットに市バス(公共交通機関)で行く方法

  5. 海外旅行のお土産どうしてる??

  6. Bellのつぶやき

  7. New Yorkにて購入した2枚のTシャツの紹介

  8. いよいよブログを開始します!

  9. ワシントンDC CHERRY BLOSSOMのTシャツ

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 日米おもしろ比較論(1) : ポテトチップス
  2. アメリカ観光の盲点(3):政府閉鎖が止まらない !?
  3. アメリカ観光の盲点(2):観光施設が閉鎖する時期って?
  4. アメリカ観光の盲点(1):アメリカ政府機関閉鎖って?
  5. WDW連載:ある意味貴重な経験、ハリケーン中のディズニーワールド(前編)

連載記事

人気記事

カレンダー

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP